治療方法

治療方法

マッサージ(手技)

当院ではまずは身体の中心の血流を良くしていくことを重視しており、腰から各部位に向かってマッサージをしていき、また最後に中心部に戻ってくるように施術を進めていきます。そして、痛みがあるのが首や肩であったとしても、体重を支えているためいつも負担がかかっているのは脚ですので、脚のマッサージもしっかりと行うようにしています。こういった土台をしっかりと改善することが、治療効果の向上や再発防止に繋がります。もちろん、傷みがある箇所や固くなっている箇所も、その後にしっかりとほぐしていきます。なお、強い刺激を与えると症状が麻痺してしまうため、場合によってはマッサージを行わずに電気治療のみでゆっくりじっくりとほぐしていくこともあります。

機械を用いた治療

干渉波治療・超音波治療

筋肉をマッサージしてほぐすことで、凝り固まった筋腱や関節の局所血流を改善します。

中周波治療

筋トレ効果や血流改善効果があります。

微弱電流治療・高周波治療・LIPUS治療

細胞組織(骨折や断裂などの損傷部分)の回復力を高め、痛みや痺れを抑えます。

ウォーターベッド

温水による全身のマッサージを行います。血流促進・疲労回復・リラックスなどに効果があります。

冷温罨法治療

冷やしたり温めたりすることで、治療効果を高めます。また、リラックス効果もあります。

ラジオ波治療

身体の内部から温めます。詳細は以下をご覧ください。

ラジオ波による治療

身体の冷えがある
身体の緊張が取れない、身体が固い、こわばっている
筋肉の張りや凝りがある
身体がすっきりしない、だるい

そんなお悩みをお持ちの方には、ラジオ波を使った治療がお勧めです。上記の症状を改善するために重要なのは血流を良くすることです。血流を良くするためには、お風呂や運動といった方法もありますが、お風呂は内部までしっかりと温めるためには時間がかかり心臓の負担になる、運動は高齢者やケガをしている方には難しいという欠点があります。一方で、ラジオ波なら身体の中にまで届き、内側から効果的に温めて血流を良くすることができます。実際にラジオ波を使った治療を行った方は、みなさんその効果を実感されており、内臓から元気になっていく方もたくさんいらっしゃいます。一度この治療を受けて頂ければ、きっとその効果を実感して頂けるかと思いますので、まずは無料体験してみて頂ければ思います。血流が良くなれば、疲労物質も早く身体から除去されますので、疲れが取れて元気になるという効果もありますよ。

当院が導入しているラジオ波治療器の特徴

手を介してラジオ波を流すことができる最新のラジオ波治療器を導入しており、マッサージをしながら内部から温めていくことができるようになっています。直接触ることで、患者さんの身体のどこを温めるのが効果的かを的確に把握しながら治療を進めていけるため、ただ全体を温める場合よりも高い効果が期待できます。

高周波にコントロールされた電気を身体にかけることによって、ピリピリする電気の刺激 を感じさせずに身体各部に心地良い温熱を与え、様々な効果を得ることができます。1秒間に30万回~50万回の電気の交信を行い、施術部位に身体内部から摩擦熱を起こすことで、 外からの温熱よりも効率よく、効果的に温熱効果が得られます。