2015.09.20更新

 

こんにちは

 

お彼岸の連休の日程をお知らせします。

 

 9月20日(日) ~ 22日(火)の3日間をお休みにさせていただきます。

 

また、23日(水)の祝日は1日診療にさせていただきますので、

ご遠慮なく治療にいらしてください。

 

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

やまとまち ふれあい整骨院

院長 畠山

感謝

投稿者: やまとまちふれあい整骨院

2015.09.17更新

 

こんにちは(^▽^)/

 

16日(水)は以前お知らせしていました1日診療の予定でしたが、

諸事情により午前中の早い時間で臨時休診にさせて頂きました。

急な話で大変申し訳ありませんでした。

 

諸事情についてですが、実は当日の朝、、、

 

 

♪ ♪ 赤ちゃんが産まれました ♪ ♪

 

 

9月16日(水)午前10時33分に産声を上げました!

3318gの元気な女の子です(*^_^*)

母子ともに健康で、無事に出産をすることが出来ました。

 

奥さんも赤ちゃんもよく頑張ってくれました。

本当に感謝です!

病院の先生や看護師、助産師などスタッフの方々、

支えてくれた家族や友人、知人の皆さん、

全ての方々に感謝です!

 

立ち合いもぎりぎりでしたがなんとか間に合いました(^_^;)

抱っこをするとこう、何とも言えない重みに徐々に実感がわいてきました。

すでに、デレデレしております☆(*´▽`*)

 

当日は午前中に出産を終え、母子のその後の様子を見させて

いただきましたので、丸1日お休みすることになりました。

当日、知らずにいらしてくださった患者さんには本当に申し訳なく思っています。

 

6月以降、当院に通われていた患者さんには出産の時期をお伝えしていましたが、

なにぶん、完全に予定が読めないことですので、

「その期間に急なお休みで張り紙してたら『あっ(^▽^)』って思ってください」、と

お伝えしていたところ、当日、夜に院に戻ると留守電や着信がたくさんありました。

今日もお電話や直接来て頂いた方々からお祝いのお言葉や暖かいお気遣いをして頂きました。

私のプライベートのことなのに、皆さんにたくさん気にかけて頂いて、

大変ありがたく、また恐縮しているところです(^^;)

本当にご心配おかけしました。

そして、ありがとうございました。

 

どの様にご報告するか考えていましたが、このようにお問い合わせも寄せられたことから、

ブログでもご報告をさせて頂くことにしました。

 

皆さんから「お父さんだね、おめでとう!頑張ってね!」、と言って頂くと、

ふわふわした気持ちからだんだんと身が引き締まってきます。

これからさらに実感していくことでしょう(^^;)

 

私としましては、子育てを通して私自身も成長していき、今まで以上に

子育て世代の方々のお気持ちやお悩みを理解できるようになりたいと思っています。

「手と手、心と心のふれあいを感じられる院」とは、言い換えれば

「全ての患者様に対して、家族に接するように愛情を持って接する」ということです。

私が子育てを通して人生経験を積むことで、

当院が皆様にとってさらに良い院に成長していけるように日々精進していくことが、

皆様からの暖かい励ましやお祝いにお応えすることにつながると考えております。

 

この度は本当にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

そのうち、院にうちの赤ちゃんがひょっこりいるかもしれませんよw

楽しみにしていてくださいね♪(*^_^*)/

 

 

私事の報告で申し訳ありませんでした。

それでは失礼します!

 

 

はたけ

感謝

 

投稿者: やまとまちふれあい整骨院

2015.09.13更新

 

こんばんは。

床上浸水被害後からの仮復旧、通常診療の再開のお知らせです。

 

明日の14日朝より予約も含めた通常の診療を再開します。

お待たせしてしまい、大変申し訳ありませんでした。

 

被害を受けた日のうちに消毒をできたことから夜通し準備し

翌12日(土)の午前中で再開の目処をつけられましたので、

午後からご来院いただいた患者さんを全て受け入れました。

 

11日(金)、早朝の大雨での床上浸水から、おそらく最短で復旧です!

カーペットや待合室の備品なども足りない状態ですので仮ではありますが(^^;)

ご協力、お手伝いいただいた業者さん方、友達、家族に心から感謝しています。

まだまだ本格復旧のためにやることは山積みです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

また復旧作業中は、地域の皆様や患者様方から

気遣いの温かいお言葉、美味しい差し入れwなどを頂き、

とても感激し、励みになりました。

苦しい時ほど周囲の皆様のおかげ様で成り立っているんだ、

生きていけてるんだということを、改めて感じさせて頂きました。

本当にありがとうございました。

 

 

改めまして、地域の皆様、患者様、各関係者の皆様、

この度の床上浸水では多大なご迷惑とご心配をおかけしました。

院内は少々寂しくなりましたが、順次、元の状態に戻るよう手配していきます。

治療に関しては今まで通りに全てのことに対応いたします。

どうぞご遠慮なくお問い合わせ、ご来院ください。

今までよりもさらに良い院になるためのチャンスととらえ、

今まで同様、一生懸命治療にあたらせていただきます。

よろしくお願いいたします!

 

 

やまとまち ふれあい整骨院

院長 畠山

感謝

 

投稿者: やまとまちふれあい整骨院

2015.09.12更新

 

おはようございます。

 

 

休診のお知らせです。

 

9月11日深夜の大雨の影響で、当院周辺が冠水し、

院内に雨水が侵入して、床上浸水となってしまいました。

昨日は院前の告知だけでしか臨時休診のお知らせができずに申し訳ありませんでした。

 

現在、復旧に向けて作業中です。

大変申し訳ありませんが、9月11日(金)12日(土)は臨時休診とさせていただきます。 

ただ、本日中に治療できる状態になると予想されますので、

もし治療をご希望でしたら一度お問い合わせください。

 

 

昨日の状況はこんな感じです(ーー;)

 

 

床上浸水1

70㎝を越えるシャッターのさらに上をいかれました。。。

 

床上浸水2

院内は全部水浸し。

 

床上浸水3

なんとか水を掻き出し掃除しました。

 

消毒1

夜に業者さんに消毒もしてもらい、再開するのに重要な衛生面も確保。

前回に続き、イカリ消毒さんです。ありがとうございました。

 

消毒2

機械類もばっちり消毒。昨日中に片付けの目処が付きました。

 

 

最短で今日の午後に治療ができる状態になると思いますが、

ひとまず14日(月)朝から本格的に再開となります。

絨毯の無いPタイルの床や待合室のものが無くなってしまったので

少々寂しいですが、治療に関わるものは全て大丈夫ですのでご安心ください。

私の身体には何の被害もありませんし(^ー^)v

ご遠慮なくご来院、お問い合わせください。

 

今回の台風、大雨では日本中が大変だったと思います。

当院だけでなく、ご自宅やお仕事先、お車などに損害を受けられた方々が

たくさんおられると思いますし、さらに避難を余儀なくされる方々や、

未だ行方不明の方々、残念ながら命を落とされた方とそのご家族を思うとやりきれません。

ご冥福をお祈りするとともに、皆様にとって早い回復を願っております。

 

当院は昨年に続き二度目の床上浸水ですが、対策のその上をいかれてしまいましたので

あきらめるしかありませんでした(^^;)

これ以上の被害が無かったことがまずは幸いです。

皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、

早い復旧と、これまで以上に治療に取り組み、精進をさせていただきますので、

これからもよろしくお願いいたします。

 

やまとまち ふれあい整骨院

院長 畠山

感謝

 

投稿者: やまとまちふれあい整骨院

2015.09.08更新

 

こんにちは(^0^)/

 

今回から新しく健康情報をアップしていきます。

 

今日はこのブログの健康情報にちなんで「健康について」です!

 

 

みなさんは健康に関してどんなお悩みがありますか?

そのお悩みに対して知りたいことはありますか?

 

「〇〇が痛くて辛いんだけど、どうすればいいんだろう…」

「ダイエットしてるんだけどなかなか成果が出ない!」

「仕事のストレスで胃が荒れたら身体が辛くなってきた…」

「もっと野球がうまくなりたい!どうすればいい?」

 

など、それぞれがお悩みになっていると思います。

このコーナーでは、それについて情報発信していくつもりです。

院での患者さんからの疑問に対してや、このホームページに寄せられたご質問、

季節特有の事柄など、様々なテーマで「健康」について伝えていければいいなと思います。

 

 

さて、この「健康」とは、身体が肉体的に健康である、ということでしょうか?

 

世界保健機構(WHO)では、WHO憲章の前文の中で「健康」について、次のように定義しています。

 

「Health is a state of complete physical, mental and social well-being

 and not merely the absence of disease or infirmity.」

 

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、

 肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、

 すべてが満たされた状態にあることをいいます。

 (日本WHO協会訳)」

 

つまり、どこかが痛くなくても大きなストレスを抱えていて

問題(頭痛がしたり胃が荒れていたり)があればそれは健康ではないし、

また友人知人とのケンカなどで心がすさんでいても健康ではないし、

経済的なものや精神的なものも含めて、

自分にとって困ることのない安定した状態を「健康」というのだと思います。

 

んー、これを叶えるのはなかなか難しいですね(^^;)

 

普通に生きていれば身体の疲れはもちろん、仕事でも人間関係でもストレスを感じますしね。

照らし合わせると、ほとんどの人が健康を損なっているような気がします。

 

確かに、当院に来られる患者さんの様子をみてもそれは一理あります。

 

例えば、仕事のストレスで胃腸を荒らしたりしますよね。

それは内性ー体性反射という反応によって前屈みのように背を丸め、

胃を守る姿勢を作り出し身体を固くします。

その姿勢が腰の筋肉を過緊張させ、痛みにつながる

というような話ですね。

 

当院でも、単純に腰が疲れているから、腰がこったから、という話で終わらせることなく、

なぜその緊張が起きたのかを、しっかりと問診や治療中の会話で感じ取って。

治療や再発予防に役立てることを意識しています。

必要であれば内科や心療内科などとも連携を取りながら

患者さんの健康に役立てていこうと思っています。

 

「健康」は様々な事情で降りかかるストレスなどで損なわれる可能性があります。

当院ではそれらの一つ一つを意識しながら、出来る範囲で協力し、

みなさんが抱えているお悩みに向き合い、痛みや症状が少しでも早く解決するよう

取り組んでいきます。

 

 

それでは今回はこの辺で(^▽^)v

 

 

皆さんにとって全ての良きことが雪崩のごとく起きますように。

 

 

院長 畠山

感謝

投稿者: やまとまちふれあい整骨院

2015.09.01更新

 

こんばんは。

 

前回は保険治療について、

保険が使える症状と使えない症状をご紹介させてもらいました。

 

今回は「保険外治療(自費治療)について」ご紹介させていただきます。

あくまで当院の考え方ですので、他院も含めてこれが全てではありません。

また当院の考え方として、一人一人の患者さんの症状やその日の状態、好みなども

取り入れながらパーソナルに治療を一緒に作り上げますので、

組み合わせ次第で自費治療の意識、時間、料金などが変わっていきます。

 

保険外治療(自費治療)とは読んで字のごとく、

「保険を使わずに全額を自費で支払う治療」のことです

 

前回も説明しましたが、簡単に言うと

保険は、患部に痛みがあり、直近1ヵ月くらいの間にいつ、どこで、どのようになり

怪我をしたかはっきりしていることが重要で、条件次第で保険適応・不適応が決まります。

 

不適応な例として、

 

 ヘルニアなどの診断を医師から受けており、その後遺症と思われる症状、

 しびれ、麻痺などの神経の症状、

 単なる疲労や苦しさ、身体のコリで痛みが伴わないもの、

 きっかけがはっきりせず、何年も症状が変わらないもの、

 

といったものは、保険が適応ではありません。

これらをお悩みの場合は、保険は使えず、それの対しての治療費は全額自費となります。

 

保険が使えないとはいえ、これらの症状はそれぞれ悩むものです。

痛みはもちろん辛いですが、

仕事や家事で疲れてどうしようもない時、長年の肩コリで頭痛まで起きちゃうようなひどい時、

しびれたり身体を横にしても取れない苦しさがある時も、とても辛いものです。

確かにルール上、保険を使って治療は出来ませんが、

そのお悩みに対しては治療が必要な状態です。

電気をかけたり手技をすれば身体はスッキリし、気持ちも新たに日常に戻れると思います。

 

 

また保険治療をしている患者さんも、様々な思いで治療をしに来られると思います。

 

例えば、足首の捻挫をしている患者さんがいて、

 

 Aさんは、運動選手で試合の日までに少しでも症状を落ち着かせたい、という希望、

 Bさんは、自宅で安静にしながらゆっくり治療していきたい、という希望、

 

など、環境の違いで治療の意識などが変わります。

この場合、

 

 Aさんは、

 超音波など電気治療を十分に行い、さらにテーピングで足首を支え、

 徐々に運動参加に向けて体操や筋力強化、アスレティックリハビリテーションを指示していきます。

 それなりに治療時間と料金がかかることになります。

 

 Bさんは、

 保険治療を基本として、痛みの対しての電気治療の他、日々の生活で起こる筋肉の疲労や固さを

 取る治療をしていきます。

 保険を基本としながら、筋の疲労や固さといった症状への手技(マッサージ、ストレッチなど)は

 自費の治療となるため保険の一部負担金と手技の料金となります。

 

当院ではこのように、同じ症状でも患者さん自身の希望や症状次第で自費をうまく使い分けて、

今抱えている問題を解決するために最適な治療をご提案することを意識しています。

そのため、院長が問診や検査、治療中の会話や治療の反応を見て、

必要な治療をおすすめすることもあります。

 

先程の例でいえば、

 

 Bさんは体重が多く、足にかかる負担が物理的に多いという問題点があって、

 このままでは足首の治りが悪い、またはその後の再発や患部以外への悪影響の可能性が高いと

 予想され、Bさんがそれを改善したいと思っていた場合、

 治療とは違う意識、この場合、間接的に原因となっているであろう「体重」「筋力不足」

 といった問題に、予防として取り組んでいくことを十分説明いたします。

 食事や運動指導等をし、Bさん自身が日常の中で取り組んでいくことが基本ですが、

 なかなか全部を自分では取り組みにくかったり、どうしたらいいか分からないこともあります。

 そこで当院にあるラジオ波でダイエットの補助、

 EMSで筋力強化や筋肉の引き締め、

 などで、予防のために計画的に体質を改善していくことを提案させていただきます。

 

といったことも当院では積極的に行っています。

 

あくまで患者さんの同意の上ですが、自費治療としては痛みに対してのみでなく、

みなさんのお悩みの症状に対して、当院で出来る様々な治療方法で取り組んでいます。

 

では、当院でできる保険外治療(自費治療)にはどんなものがあるのか、

一部ではありますがご紹介していきましょう。

 

 1、ハイボルテージ … 痛みを軽減したり筋肉を柔らかくする効果など。

 

 2、マイクロカレント … ATPを産生して傷の治りを早める。神経に当てる治療。

              ビリビリの電気が苦手な方にも。

 

 3、EMS、中周波 … 筋力強化、筋肉の引き締め、むくみ対策など。

 

 4、超音波 … 微細な振動を電気で作り、温熱効果と圧効果によって

         ピンポイントで緊張を取ったり関節内にアプローチできる。

 

 5、LIPUS … 特殊な設定で照射する超音波で、骨折の早期治療や頑固な痛みに対して効果がある。

 

 6、ラジオ波 … 高周波で作り出された振動を身体に通すことで強い温熱効果とリラックス効果がある。

          コリをほぐす効果に優れ、筋肉痛の早期除去、ダイエットサポート、冷え性・むくみ対策にも。

 

 7、ウォーターベッド … 温水が入ったベッドで水流を使ったマッサージ機。リラックス効果。

 

 8、手技・ストレッチ・体操 … 手を使った手技(マッサージ)や筋のストレッチ、

                 身体のバランス矯正や予防のための様々な体操・運動

 

などなど。

この他、1や2と4を組み合わせたコンビネーション治療や、頭痛や目の重苦しさに対しての特殊電気など

まだまだ応用の治療を入れればたくさんの自費治療があります。

 

これらは保険治療と違い、高い効果がある分、時間も料金もかかります。

みなさんの希望に沿って、必要であればこちらからもおすすめしながら治療計画を立てていきます。

 

保険が使える症状の方も使えない症状の方も、

お悩みの症状を解決するために何か手はあると思います。

もし治療をご希望であれば、当院はしっかりとそれを聞き取り、

ご希望に沿えるよう、一生懸命、治療させていただきます。

 

何でもお気軽に相談していただいて、1日でも早くお悩みの症状を改善できるよう

当院の保険外治療(自費治療)をご利用ください。

 

 

今回ご紹介した自費治療のメニューはおおまかなものですので、

機会を見て一つ一つ取り上げていこうと思います。

楽しみにしててくださいね!

 

 

 

それでは今回はこの辺で(^▽^)v

次回は「サポートグッズについて」です。

 

 

院長 畠山

感謝

投稿者: やまとまちふれあい整骨院

2015.09.01更新

 

いつもお世話になっております。

ありがとうございます!

 

 

9月の1日診療のお知らせ(改訂版0919)

 

9月のシルバーウィークと、水害のお休み11日と12日午前、16日の臨時休診から、

 

   9月23日(水)

     30日(水)

 

の二日間を1日診療にします。

また10月の1日診療も増やす予定です。

 

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

やまとまち ふれあい整骨院

院長 畠山

感謝

投稿者: やまとまちふれあい整骨院

2015.08.26更新

 

こんにちは

 

前回は整骨院で使える保険についておおまかに説明しました。

 

今回はその中でも一番身近な健康保険についてご案内します。

 

「保険を使って治療できますか?」と、よく聞かれます。

ご安心ください、使えますよ!

…と即答したいところですが、なかなかそうはいきません(^^;)

なぜなら、保険を使うには条件があるからです。

 

保険を使う基本的な条件として、

 

急性(スポーツをしていて捻った、ぶつけたなど)と

亜急性(何度も荷物運びをしていたらだんだん痛くなったなど)の理由で、

 

 ① 捻挫 … 各関節で起こる。むち打ちやぎっくり腰の関節が原因のものなど 

 ② 打撲 … 転倒やスポーツなどで接触等をして打ち付けたものなど

 ③ 挫傷 … 肉離れ、筋肉がつったあとの残る固さと痛みなど

 ④ 骨折 … 応急処置と、その後は医師の同意を受けて治療

 ⑤ 脱臼 … 応急処置と、その後は医師の同意を受けて治療

 

が起こり症状が出たものが条件として当てはまります。

もちろん痛みを伴うものです。

 

この他、保険が使えない場合は

 

 a 神経症状 … しびれ、感覚鈍麻、過敏、委縮など

 b 病名のついた症状の関連症状 … ヘルニア、脊柱管狭窄症などでのaの症状につながるもの

 c 肩こり・首こりなど … 筋疲労などで凝り固まった状態

 d 症状が出た日時がはっきりしないもの … 直近一ヶ月以内にいつ・どこで・どうなったか理由が必要

 e スポーツ後の筋肉痛やただの疲労感 … 疲労感か怪我かを見極めることが必要

 f 症状が固定されて慢性的なもの … 日常の様子や治療前後での様子で変化がないもの

 g 骨折・脱臼の応急処置後、医師の同意なく治療を続ける … 必ず医師の同意が必要

 h 交通事故、労災の手続き後 … これらで請求中の部位

 i 他の医療機関で同じ部位を同じ月に保険診療 … かけもち請求という状態は基本的に不可

 

以上のa~iについては保険適応ではありません。

これらはそれぞれ見極めが重要で、自分で判断することはなかなかできません。

しっかりと問診や検査をして状況や症状を聞き取り、専門的な立場から判断したいと思いますので、

お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

 

「肩こりだから保険は使えない…」とあきらめず、痛みがあるのかないのか、原因が何かないかを、

検査、問診を通して一緒に考えていきましょう。

 

また、もしa~iに当てはまり、それでも治療したい場合は、

保険は使えませんが治療をすることはできます。

自費で治療することになりますが、

様々な治療技術、医療機器がありますので、何でもご相談ください。

当院の保険外治療については、後日ご案内します。

 

 

それでは今回はこの辺で(^_^)/

次回は「保険外治療(自費治療)について」です。

 

 

院長 畠山

感謝

 

 

投稿者: やまとまちふれあい整骨院

2015.08.25更新

 

こんばんは(^0^)

 

みなさん、当院のブログ、実はグルメ情報も載るんですよw

 

今回はランチ等でいつもお世話になっているごはん屋さんを紹介します(^ー^)

 

若林区大和町3丁目にあります、「国産牛たん居酒屋 たんらく」さんです!

 

たんらく 看板

 

たんらく 入口

 

 

当院の近くにある牛たん屋さんで、開業当初から美味しいごはんをいただいておりますw

ランチもディナーも店主さんのこだわりの光るメニューが並び、行くたびに発見があります☆

店内には有名人のサインなども徐々に増え、だんだんと認知されてきた新しいお店ですね。

 

牛たん居酒屋と銘打っているだけあって牛たんは絶品!

国産A5ランクの山形牛をはじめ、他の食材も国産品にこだわった内容で、食の安全の意識も高いお店です。

それもそのはず、こちらのお店は仙台初の厚生労働省の定める基準・保健所認定の設備によって

最高品質の安全性で提供される山形牛の生肉が食べれるお店なんです!

山形牛のユッケ刺や牛・牛たんのお刺身、カルパッチョ、たたきなど、

全国でもなかなかお目にかかれないメニューを提供しているお店なんです。

それだけに他のメニューも安全に新鮮な食材で美味しく提供されています。

 

ということで今日のお昼はたんらくさんでランチ♪

牛たん定食も捨てがたい…でもお財布と相談して本日はおトクなこの二点をチョイス!

 

定番ランチの牛たんシチューと日替わりランチの牛ホルモンの野菜炒め定食です!

 

まずは牛たんシチューランチ(780円)

おしんことわかめスープも。

たんらく 牛たんシチューランチ

 

牛たんがたっぷりごろごろ

たんらく 牛たんシチューごろごろ

 

先にサラダが出てくるのが嬉しい

ちょっと食べちゃったw

たんらく サラダ

 

もう一つは牛ホルモンの野菜炒めランチ(800円)

たんらく 牛ホルモンの野菜炒めランチ

 

ドリンクとデザート付!今日はチョコレートアイスとオレンジジュース

たんらく デザートとドリンク

 

 

お通し感覚でサラダが出てきてくれるので待ち時間も気になりませんw

牛たんシチューは濃厚なシチューとかみごたえのあるごろごろ牛たんがベストマッチ☆

甘辛ソースで炒めた牛ホルと野菜もご飯が進みます(^□^)v

さらにドリンクとデザートもついて大満足!

これだけついて800円というのはかなりおトクですね!(*^0^*)

 

ランチ時には近くの会社員やOLさん、主婦のみなさんが賑わう、素敵なお店です。

他にも美味しいメニューがありますので、また食べに行ったらアップしちゃいますね♪

 

興味のある方はぜひ行ってみてください!

HPもありますので検索してみてくださいね。

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

はたけ☆

感謝

 

投稿者: やまとまちふれあい整骨院

2015.08.24更新

 

こんにちは。

 

今回から、少しずつ当院のことについて紹介していきますね(^▽^)v

 

 

初回は保険治療全般について。

この後、何度かに分けて保険についてご案内していきます。

 

 

では、いきます!w

 

 

整骨院で各種保険を使えることを、皆さんはご存知でしょうか。

 

各種健康保険、交通事故、労災保険、介護保険、

生命保険や各団体のスポーツ保険などの任意保険など、

 

私達の生活の中には「保険」という制度を使って医療に関わることがあります。

その中で、整骨院の治療でも各種保険制度を利用することができます。

 

 

簡単に説明しますと、

 

 ・各種健康保険については、急性・亜急性の症状で、以下の①~⑤の症状が適応

 

 ① 捻挫 … 各関節に起こる。むち打ちやぎっくり腰の関節が原因のもの

 ② 打撲 … 転倒やスポーツなどで接触等をして打ち付けたもの。

 ③ 挫傷 … 肉離れ、筋肉がつったあとの残る固さと痛みなど

 ④ 骨折 … 応急処置と、その後は医師の指示を受けて治療

 ⑤ 脱臼 … 応急処置と、その後は医師の指示を受けて治療

 

 この他、神経症状や、病名のついた症状(ヘルニア、脊柱管狭窄症など)、

 肩こりなどで痛みがなく原因のはっきりしないものなどは保険適応ではありません。

 (保険は使えませんが治療は出来ます!詳しくは保険外の説明の際に)

 

 

 ・交通事故後は、被害者の場合は相手の損害保険会社、加害者の場合は自分の生命保険などで

  保険の制度を利用し、自己負担額0円で治療することができます。

  加害者の任意保険の場合は自己負担額は関係者の話し合いによって決まります。

  治療内容については基本的に保険治療でそれ以外は関係者の話し合いで補償内容が決まります。

 

 

 ・労災保険は、宮城労働局から指定の登録を受けているので所定の手続きをしていただければ

  制度の利用をしていただけます。

  治療内容については基本的に保険治療でそれ以外は関係者の話し合いで補償内容が決まります。

 

 

 ・介護保険は、整骨院の治療室内では実際には利用されてはいないことがほとんどです。

  介護福祉制度において柔道整復師は、機能訓練指導員の指定を受けていますので介護を受けられる

  患者さんが要介護状態が進行しないよう機能訓練を評価、指導する専門資格を与えられました。

  しかし介護事業の性質上、通常の治療と同じ施設内での両立は難しく、

  現在介護保険を利用できる整骨院は整骨院併設のデイサービスをお持ちの院がほとんどです。

 

 

 ・生命保険や各団体のスポーツ保険などの任意保険は、患者さんが受傷した場合に

  それぞれ患者さんご自身が任意で入っている各種保険の内容が適用できるかどうかご確認後、

  所定の手続きをしていただければ制度をご利用いただけます。

 

 

以上のような内容で、各種健康保険証以外でも様々な保険制度が利用できます。

もちろん全てルールに則ってですが、どんなものでも利用できるかどうか、ぜひお気軽にご連絡ください。

 

 

ちょっとおカタい話が続いたので今日はいったんこの辺で!(^_^)/

次回は「保険を使える治療、使えない治療」をご紹介します。 

 

 

院長 畠山

感謝

 

投稿者: やまとまちふれあい整骨院

前へ 前へ